--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SCE】 かくのしんのPS4開封の儀 【コントローラー編】

2014年03月03日 23:00

2月22日(土)に発売されたソニー・コンピュータエンタテインメントさんの
次世代ゲーム機「PlayStation 4」を大雪による物流への影響やら
配達への影響で3日遅れで手にれた私、かくのしんでしたが

先日、本体編と謳ってPS4の開封の儀を行い、カメラに収めたPS4本体を
ご紹介させて頂きました。その時は画像が多すぎてコントローラーなどの
ご紹介は、翌日と言ったもののすっかり忘れておりました。

なので5日振りではございますが、撮影したコントローラーを
ご紹介したいと思います。



【SCE】 かくのしんのPS4開封の儀 【コントローラー編】

毎度のことながら、カメラ素人なものでライティングやアングルなど
見辛いとはございますが、ご了承ください。

まずは全体のフォルムです。
PS3までのコントローラーとほとんど変わらずですが
手の平で握る部分は、全体的に膨らんだ感じになっています。

まるで茄子のような形状をしていますね。
これが意外と握りやすくて手にフィットします。
気持ちがいいです。



【SCE】 かくのしんのPS4開封の儀 【コントローラー編】

スティックは、今までのコントローラーよりも高さを抑えて
全体的に小さくなっています。

今までのPS系アナログスティックは大きすぎて、個人的に苦手だったのですが
このコンパクトなスティックは良い作りだと思います。
XBOX360コントローラーのスティックが同じような高さと小型で
使いやすかったのですが、それと同等の触り心地です。

表面も滑り止めのような素材になっているのがいいですね。
ただ、海外のユーザが仰っていた通り、すぐに磨り減りそうな気がします。




【SCE】 かくのしんのPS4開封の儀 【コントローラー編】

PS3で大不評だったR2及びL2トリガーは健在ですが
旧式は傘状にカーブした形状の為に滑りやすかったのですが

PS4のコントローラーは、反った形状に変更されていて
ぐっとトリガーを押さえ込んでも滑らないようになっています。

これもGOODな心遣いですね。



【SCE】 かくのしんのPS4開封の儀 【コントローラー編】

最後は付属物です。
ケーブルばかりなので、個別に撮影しないでまとめて紹介です。

右から反時計回りに、カメラ、電源ケーブル、USBケーブル、イヤホン
HDMIケーブル、説明書となっています。
PS3から言われ続けていたHDMIケーブルは、今回から付属です。


という感じですが、いかがだったでしょうか。
後から知ったのですが、PS4本体の裏面を見れば、どこで生産された
モデルなのか判るそうなので、また機会があったらチェックしてみたいです。

というのも、本体を購入したにも関わらず、また箱に戻してしまったので
出すのが面倒くさいのですよね(笑)
実は今、流行りのPS4のハードディスクをSSHDに換装したい衝動に駆られて
しまいまして、SSHDの入荷を全力で待機中です。

PS4が発売されてからというもの、どこもSSHDが品薄状態で
値段も高騰しており、まったく手に入りません。

秋葉原の実店舗などにはあるかもしれないですが
電車賃を考えるとネット店舗の値段とそう変わらなくなってしまいますしね。

ということで、我が家のPS4はまだ起動せずに眠っていて貰おうと思います。
SSHDが入手できるその時にまで……。



あ、初期不良のために動作確認くらいはしておいたほうがいいかもしれないですね。
それもまたおいおい……。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakukakunews.blog38.fc2.com/tb.php/2016-413c4e6d
    この記事へのトラックバック


    最新記事