--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球を丸ごとスキャンしたオープンワールドRPG「ReROLL」が発表

2014年02月06日 22:00

Pixyulさんは、地球を丸ごとスキャンしてゲームフィールドの舞台に
してしまったPC向けの究極のオープンワールドRPG「ReROLL」を
発表されましたね。

Pixyulは、元UbisoftのJulien Cuny氏と
Louis-Pierre Pharand氏が設立した新スタジオだそうです。

【Pixyul】 サバイバルアクション オープンワールドRPG「ReROLL」 公式サイト様



地球を丸ごとスキャンしたオープンワールドRPG「ReROLL」が発表




開発風景や開発者インタビューなどが収められた動画も公開されています。

今作は、ドローンを飛ばして空撮スキャンした地形データを集めて
ゲームフィールド制作に活かしているそうです。
ミュータントによって荒廃した地球が舞台で、生き残った人類は
サバイバルに必要なアイテムなどを作りながら、ミュータントに立ち向かう
サバイバルアクションRPGというジャンルのゲームになるそうです。

銃火器や医療用具、自動車なども使えるそうです。
プレイヤーは生命を維持するために作物の育てて収穫したり
漁をしたりという自給自足なプレイもできるそうです。

ソロやCo-opプレイも可能で、PvPを望むプレイヤーのために
対戦用のアリーナも用意するか検討中だということです。




すごいゲームが開発中ですね(●´|`●)

公開されているアイテムなどを見ますとテントなどもありますし
作物を育てたり、漁をしたりとサバイバルができるそうで
ついに私の望んでいた自給自足ゲームが現実に登場するのかもしれません。

ただ、荒廃した地球なので、自動車や銃など
結構な文明の利器が登場しますね。

個人的には、もうほぼ丸腰な状態からのサバイバルがしたいのですけどね。
火を起こすにも木の枝で摩擦を起こしたり、動物を狩るにも槍や弓
トラップを使ったりという原始的な部分が欲しかったですね。

いうなればトム・ハンクス主演の映画「キャスト・アウェイ」みたいな
感じが理想的でした。

あと仕方のないことなのかもしれないですが
やはりミュータントという人類の脅威も登場してくるのですね。
これだけのオープンワールドゲームを作るのですから
ただのサバイバルゲームにはしないですよね。


まだゲーム画面も公開されていませんので
どのような作品になるのか目が離せませんね。


【4Gamer.net】 地球を丸ごとスキャンした「究極のオープンワールド」が舞台となるPC向け新作サバイバルアクションRPG「ReROLL」が発表


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakukakunews.blog38.fc2.com/tb.php/1989-167a7c31
    この記事へのトラックバック


    最新記事