--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1080p対応のキャプチャボード「SC-512N1-L/DVI」が5月中旬に発売

2013年05月11日 11:00

マイコンソフト株式会社さんは、HDMIやコンポーネント、Sビデオなどの
映像入力をサポートして、最高1080pまでの解像度に対応したキャプチャボード
「SC-512-L/DVI」を2013年5月中旬に発売されることを発表されましたね。

価格はオープンプライスで、直販では33,730円(税込)で販売されるそうです。



1080p対応のキャプチャボード「SC-512N1-L/DVI」が5月中旬に発売

ずっと待ち望んでいたキャプチャボードがついに登場です。

1080p、つまり1920×1080の解像度で60フレームの映像をキャプチャできます。
今までは1920×~はキャプチャできても、フレームレートが30までだったりして
不完全なキャプチャボードが多かったですが、この商品は本物です。

更に付属のアダプタを装着することにより、HDMIケーブルやSビデオケーブル
黄色のケーブルでお馴染みコンポジットまで入力できてしまいます。
なんでも接続できる

残念なのは著作権保護のHDCPには対応していないので
PlayStation 3をHDMIで接続してもキャプチャできないと思われます。
その場合は、コンポーネントでの接続になると思います。

マザーボードのスロットを2基占有していますが、入力した映像をそのまま
スルー出力する機能があり、キャプチャをしながらモニタリングができます。
不要の場合は取り外すこともできるそうです。

詳しい動作スペックや詳細については下記の公式直販サイト様が判りやすくて
付属品なども画像付きで紹介されています。

マイコンソフトダイレクトショップ
 「コンポーネントHD&DVIキャプチャーボード SC-512N1-L/DVI」



ファンの間では、まだかまだかと待ち望んでいたキャプボがついに発売ですね。
たぶん私も購入すると思います。
Amazonさんなどでは取り扱ってくれないのかしら(●´|`●)

私は、このキャプボの発売を待っていまして、発売されたらシステム用の
ドライブをSSDに交換して、Win7の64bitにしようと目論んでいたので
そろそろ、うちのPCをグレードアップしたいと企んでいます。

その前に私の「ゲームやる気でない病」を完治させなくては
折角購入しても宝の持ち腐れですね……。

どなたか病気の治し方を教えて下さい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakukakunews.blog38.fc2.com/tb.php/1712-97ec7afe
    この記事へのトラックバック


    最新記事