fc2ブログ

aviutlのh.264(MP4)をビデオスタジオで編集できない問題を解決

2011年03月16日 22:45

前々からゲーム配信を録画したAVIファイルをaviutlでh.264のMP4動画に
エンコードして保存していたのですが、なぜかaviutlやビデオ編集ソフト
「VideoStudio X3」で開いても編集ができなくて困っていました。

aviutlで開くと「こんなファイル対応してへんで」って言われます。
VideoStudioでは開くのですが、再生するとスローみたいにのろのろと再生され
タイムラインを動かして編集しようとすると必ずフリーズしていました。


aviutlで作成したh.264は必要な時に編集したりするのに向いていないのかと
ちょっと悩んでいましたが、それが思いもよらぬ事で解決されました。


他人様が作成したh.264でエンコードされた動画をダウンロードして
試しにVideoStudioで開いてみたら、問題なく編集できたのです!

ちょっと驚きと興奮で不思議なおどりを踊りそうになりましたが
そこは理性で抑えて、早速その動画ファイルをコーデックなどを
調べるアプリで開いて、自分のh.264動画と比べてみました。

すると、私の作った動画の音声エンコードの欄には「AAC(Version 4)(LC)(SBR)」
とあるのですが、他人様の動画には(SBR)というのが付いていないのです。

「SBR」とは「HE-AAC」という音声で使われている圧縮方法みたいで
これのせいで編集できないみたいです。
たしかに私の動画ファイルは、この「HE-AAC」でエンコードしています。



音声エンコード設定


まさか、この違いで編集できないのだろうか……?
ということで早速、音声のエンコード設定を「HE-AAC」から「AAC-LC」に
変えてエンコード……。問題なくVideoStudioとaviutlで開くことができました。

まさかこんなことでずっと悩んでいたとは……。
解決するときはほんと数分ですね~
いえ、私が無知なだけなんですけどね(●´|`●;)

それでも私のように編集できないと悩んでいる方の力になればと思い
恥を忍んで、この記事を書いてみました。

お役に立てれば光栄でございます。


【追記】

どうも音声エンコードを「AAC-LC」にするだけではなくて
「H.264 Level」という項目も設定しないとビデオスタジオでは
読み込みできないことが判りました。

音声エンコードは「AAC-LC」にして「H.264 Level」の値は
「3.1」以下に設定して出力したファイルではないと駄目そうです。



■つづきでコメント返し
[ 続きを読む ]


最新記事